新潟県下越地方のギフチョウ(2017年5月3日)

新潟県阿賀町

 ギフチョウの撮影は2009年以来となってしまいました。
新潟県の下越地方にはまだ行っていないので、行かなくては、と常々思っていたのですが、遠いこともありなかなか足が向きませんでした。今年はぜひ行こうということで、5月の連休1日をあてることにしました。時期としては4月の中旬過ぎがいいのでしょうが都合がつきませんでした。
 五泉市や新発田市などもいいのですが、帰りは茨城県の実家に行く予定なので高速道からのアクセスがよく、最も東寄りの阿賀町にしました。
 磐越自動車道を三川インターで降りたのが午前8時過ぎ。気温は6℃ととても寒いこともあり、日当たりのよい山沿いの林道を車で流しながらサクラに訪花するギフチョウを探すことにしました。ここで見られなければ中ノ沢~三川温泉や知られた産地の柳新田、角神温泉などを見て廻る予定です。
 林道を流していると時折ギフチョウが飛んでいるのが見えます。蝶道らしきところもありますが、吸蜜源がないのですぐ飛び去ってしまいます。そんな中、林道脇の適度な空間に、下の斜面からギフチョウが上ってきてススキの枯葉に止まる個体を見つけました。すぐ近くにオクチョウジザクラがあり、そのサクラの花に吸蜜する個体がいたので、ここでじっくり撮影することにしました。ギフチョウはサクラの花から花へすぐに移ってしまい、撮影は苦労します。それでもある程度満足できる写真も少し撮れました。
 やがて午後2時を過ぎるころになると、サクラに来る個体も減り始めてきましたが、まだ30分に2頭程度は訪花するので結局午後3時半ごろまで同じところで撮影していました。時期はやはり1週間ほど遅かったですね。2本の尾状突起が揃った雄は見られず、すべて片方が欠落していました。ただ、雌はきれいでした。
 後で地図を確認すると、この撮影場所は柳新田や角神温泉のある同じ山域でした。遠くの山々や阿賀野川を眺めながら気分のいい撮影行となりました。


ギフチョウ

オクチョウジザクラに来た最初の1頭(AM11:47)
ギフチョウ

(AM11:48)
ギフチョウ

(PM0:38)
ギフチョウ

(PM0:39)
雌はまだきれい。
ギフチョウ

(PM1:05)
ギフチョウ

(PM1:08)
ギフチョウ

(PM2:20)
ギフチョウポイント

ギフチョウ撮影場所。
同じ個体が何度もやってくる。左手にギフチョウが吸蜜するオクチョウジザクラがある。

ギフチョウの飛ぶ林道
▲ギフチョウの飛ぶ舗装された林道

阿賀野川日本平山方面を望む
▲阿賀野川と遠くに日本平山方面を望む


ギフチョウの解説

トップページ