2014年5月3日・4日(茨城県常陸太田市)

シグマの 10mmフィシュアイレンズで撮影しました。
ボディはキャノン70Dです。この70Dは、ライブビュー液晶画面をタッチすることにより、各種設定ができます。ピント位置もあらかじめ設定し、撮影構図を決めてから蝶に近づき撮影できるというとても便利なカメラです。しかもライブビュー撮影時のタイムラグが極めて短く、すぐシャッターが切れます。これはキャノン、ニコンを含めてこれまでなかった機能です。70Dを使用するまでは、ニコンのD5000のライブビューで広角撮影をしていました。D5000はバリアングルのモニターが縦に開くので、横に開く機種と違って、両手でしっかり保持したり、構図を決めたりと使い勝手がよかったのですが、如何せんピントの合うタイムラグが長すぎました。
そんなわけで、今は70Dをシグマの10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSMとセットで 超広角専用機として使用しています。
長い間広角撮影を担っていたD5000を卒業できそうです。


モンキチョウ(5月4日)


ベニシジミ(5月3日)


ベニシジミ(5月4日)


ベニシジミ(5月4日)


ベニシジミ(5月4日)


ヤマトシジミ(5月3日)


ヤマトシジミ(5月4日)


ヒメウラナミジャノメ(5月4日)


戻る

トップページ

フィールドmemo蝶