渡良瀬川のホソオチョウ(2010年6月6日)

渡良瀬川堤防  ホソオチョウの写真を撮るために、栃木県と群馬県の一部を流れる渡良瀬川流域へ出かけました。 ここ、渡良瀬川流域では1996年から見られ、現在まで生息が確認されています。 第一化の出現する4月に行くことができなかったので、 第二化の時期に行くことにしました。
 渡良瀬遊水地近くから渡良瀬川の上流に沿って調べることにしましたが、 行って見ると堤防の除草が行われた後で、 堤防の草はきれいに刈り取られていました。 むろんウマノスズクサもなく、ホソオチョウも飛んではいません。 渡良瀬川に注ぐ支流も見てみましたが、同じように多くは除草されています。
 すこし上流の足利市まで行って、除草されていない場所を見つけたので、 行ってみるとホソオチョウが飛んでいるのが見えました。 数は10頭ほどでしょうか。 狭い範囲ですが、食草のウマノスズクサもそれなりにありました。
 尚、末期のジャコウアゲハ雌を1頭見ました。  

ホソオチョウ♂ ホソオチョウ♀
▲ホソオチョウ雄 ▲ホソオチョウ雌
ホソオチョウ♂とジャコウアゲハ ホソオチョウ♂
▲ホソオチョウとジャコウアゲハ ▲ホソオチョウ雄


「ホソオチョウ」の解説へ

トップページ」へ