栃木県のオオヒカゲ(2008年7月25日)

 栃木県では山地にもいますが少なく、平地河川敷の雑木林、池沼や湿地帯の周囲、用水路沿いなどで多く見られます。 特に池沼の周囲に雑木林があると、よく見られる確率が高くなります。 今日は生息地として知られている場所のうち宇都宮市1ヵ所、真岡市1ヵ所、市貝町2ヵ所を探しました。 見つけることができたのは、真岡市及び市貝町1ヵ所の2ヵ所でした。

オオヒカゲ♂

スギの木に止まった。 コナラやクヌギばかりではなく、立ち木であればスギなど何でもよく止まる。
(栃木県芳賀郡市貝町 ♂)
オオヒカゲ♂

コナラに止まる。 7月下旬ではすでに時期は遅い。雄は多くが破損または汚れていた。
(栃木県芳賀郡市貝町 ♂)
オオヒカゲ♀

クヌギに止まる雌。
(栃木県芳賀郡市貝町 ♀)
オオヒカゲ

池の周囲の笹の葉に止まっているオオヒカゲを見つけた。
(栃木県真岡市井頭公園)
オオヒカゲ

上と同一個体。笹の中へもぐり込んでしまった。
食草カサスゲ群落

食草のカサスゲ群落。
(栃木県真岡市井頭公園)


オオヒカゲ」の解説へ

トップページ」へ