与那国島&石垣島Ⅱ(2017年4月30日~5月1日)

30日 与那国島 西崎(いりざき)の夕日

 与那国島のタイワンモンシロチョウ撮影です。
 現在、国内で与那国島でなければ見られない蝶はタイワンモンシロチョウとシロミスジの2種です。シロミスジは最初に行った2014年に撮影できました。しかし、タイワンモンシロチョウは2度目の2015年も目撃すらできませんでした。今回で3度目となります。今回もこれまでと同様に1泊2日で、石垣空港往復直行便を利用し、帰りは与那国島発13時35分、石垣空港発を午後7時10分として、石垣島でも3時間程度撮影にあてることにしました。
 天気ですが、翌5月1日の月曜日はよくないものの、行く日の30日はいい見込みです。
 石垣空港から与那国空港への琉球エアーコミューター便は、新しい機種ボンバルディアDHC8になっていました。
 今回はタイワンモンシロチョウが発生していてもしていなくても行く予定なので、事前に発生の状況は調べていなかったのですが、与那国空港で与那国ホンダの西条さんに話を聞くと、タイワンモンシロチョウは出ているとのこと。これでやっとタイワンモンシロチョウが撮れる!ことになります。
 11時半にレンタカーを受け取りさっそく空港近くの畑へ。いました!。しかし、モンシロチョウが多く、その中にタイワンモンシロチョウが混じっているのですが、このタイワンシロチョウ、なかなか止まらず写真が撮れません。それでも何カットか撮れ、産卵中の母蝶も撮れました。一応撮れたところで、次に宇良部岳と満田原林道へ行ってみましたが、シロミスジをはじめめぼしい蝶は見られませんでしたので、再び戻ってタイワンモンシロチョウの撮影をすることにしました。
 翌5月1日は天気予報が外れて晴れのいい天気になりました。今日もタイワンモンシロチョウの撮影です。1時間半ほどいてある程度撮れたので、別のところにタイワンモンシロチョウがいないか車で流してみましたが、空港周辺の畑以外では見られませんでした。
 タイワンシロチョウは2日間トータルでは、延べで10~15頭程度でしょうか。同じフィールドにモンシロチョウがいて、タイワンモンシロチョウ2割に対して、約8割がモンシロチョウでした。雌は盛んに産卵しており、幼虫も見られたので5月以降も発生するでしょう。今年は結構見られそうです。
 与那国空港を13時35分に出発して石垣空港着14時10分、再びレンタカーを借りて15時から17時までの約2時間バンナ公での撮影にあてました。2015年に比べて今回は蝶影は薄く、種類数は29種見られたものの、各種1~数頭程度でした。  

今回の行程です。
30日 与那国島 ティンダバナから祖納 <行き>
羽田空港発  6:10
石垣空港着  9:15
石垣空港発  10:30
与那国空港着11:05
<帰り>
与那国空港発13:35
石垣空港着  14:10
石垣空港発  19:10
羽田空港着  22:00
蝶の撮影時間は次のとおり
・4月30日 12時~18時(与那国島)
・5月01日 09時~12時(与那国島)
・5月01日 15時~17時(石垣島)
与那国島で確認できた蝶は、2日間トータルで30種類でした。
数は2日間延べでおおむね次の通りです。
■20頭以上目撃
モンシロチョウ、タイワンクロボシシジミ、イシガケチョウ
■10~19頭目撃
ジャコウアゲハ、アオスジアゲハ、タイワンキチョウ、タイワンモンシロチョウ、ナミエシロチョウ、アマミウラナミシジミ、スジグロカバマダラ
■5~9頭目撃
クロアゲハ、ヤエヤマカラスアゲハ、ツマベニチョウ、タイワンシロチョウ、ヤマトシジミ、クロマダラソテツシジミ、ヒメアサギマダラ、リュウキュウアサギマダラ、スジグロカバマダラ、リュウキュウミスジ
■そのほかは上記より更に少ない4頭以下です。
-----------------------------------------
■セセリチョウ科
4月30日 石垣空港 DHC8 01.チャバネセセリ
02.ユウレイセセリ
■アゲハチョウ科
03.ジャコウアゲハ
04.アオスジアゲハ
05.クロアゲハ
06.ヤエヤマカラスアゲハ
■シロチョウ科
07.タイワンキチョウ
08.ツマベニチョウ
09.モンシロチョウ
10.タイワンモンシロチョウ
11.クロテンシロチョウ
12.タイワンシロチョウ
13.ナミエシロチョウ
■シジミチョウ科
14.アマミウラナミシジミ
4月30日 宇良部岳から祖納 15.ヤマトシジミ
16.タイワンクロボシシジミ
17.クロマダラソテツシジミ
■テングチョウ科(タテハチョウ科)
18.テングチョウ
■マダラチョウ科(タテハチョウ科)
19.アサギマダラ
20.ヒメアサギマダラ
21.リュウキュウアサギマダラ
22.スジグロカバマダラ
23.オオゴマダラ
24.ツマムラサキマダラ
■タテハチョウ科
25.ツマグロヒョウモン
26.リュウキュウミスジ
27.ヒメアカタテハ
28.アオタテハモドキ
5月1日 与那国空港 タイワンモンシロチョウ発生地 29.イシガケチョウ
■ジャノメチョウ科(タテハチョウ科)
30.リュウキュウヒメジャノメ
-----------------------------------------

また、石垣島のバンナ公園で確認した蝶は次の通りです。
2時間で29種類でした。
-----------------------------------------
■セセリチョウ科
01.オキナワビロウドセセリ
02.タイワンアオバセセリ
03.チャバネセセリ
■アゲハチョウ科
04.ジャコウアゲハ
5月1日 与那国島 タイワンモンシロチョウ発生地 05.ベニモンアゲハ
06.アオスジアゲハ
07.シロオビアゲハ
08.クロアゲハ
09.ヤエヤマカラスアゲハ
■シロチョウ科
10.タイワンキチョウ
11.ウスキシロチョウ
12.ツマベニチョウ
13.ナミエシロチョウ
■シジミチョウ科
14.ムラサキシジミ
15.アマミウラナミシジミ
16.タイワンクロボシシジミ
17.クロマダラソテツシジミ
■テングチョウ科(タテハチョウ科)
18.テングチョウ
5月1日 与那国島 立神岩 ■マダラチョウ科(タテハチョウ科)
19.リュウキュウアサギマダラ
20.スジグロカバマダラ
21.オオゴマダラ
■タテハチョウ科
22.ヤエヤマイチモンジ
23.リュウキュウミスジ
24.アカタテハ
25.イワサキタテハモドキ
26.イシガケチョウ
■ジャノメチョウ科(タテハチョウ科)
27.ヤエヤマウラナミジャノメ
28.マサキウラナミジャノメ
29.リュウキュウヒメジャノメ
-----------------------------------------
バンナ公園は種類は多いですが、イワサキタテハモドキとイシガケチョウ以外は数頭以下でした。


産卵しようとするタイワンモンシロチョウ

産卵しようとするタイワンモンシロチョウ(30日 与那国島)
タイワンモンシロチョウ♀

タイワンシロチョウ雌(30日 与那国島)
交尾拒否行動をとるタイワンモンシロチョウ♀(左)と♂

交尾拒否行動をとるタイワンモンシロチョウ雌(左)と雄(30日 与那国島)
タイワンモンシロチョウ♂

タイワンモンシロチョウ雄(5月1日 与那国島)
ツマベニチョウ♂

ツマベニチョウ雄(5月1日 与那国島)
アマミウラナミシジミ

アマミウラナミシジミ(30日 与那国島)
ヒメアサギマダラ

ヒメアサギマダラ(30日 与那国島)
(Photo=Canon EOS 70D + EF8-15mmF4LフィッシュアイUSM(=15mm))
アオタテハモドキ

アオタテハモドキ雌(5月1日 与那国島 東崎)
(Photo=Canon EOS 70D + EF8-15mmF4LフィッシュアイUSM(=15mm))
イワサキタテハモドキ♂

イワサキタテハモドキ雄(5月1日 石垣島)
イシガケチョウ♂

イシガケチョウ雄(30日 与那国島)

ベニモンアゲハ モンシロチョウ
▲ベニモンアゲハ(5月1日 石垣島) ▲モンシロチョウ(5月1日 与那国島)
タイワンクロボシシジミ ヤエヤマイチモンジ
▲タイワンクロボシシジミ(5月1日 与那国島) ▲ヤエヤマイチモンジ(5月1日 石垣島 )
ヤエヤマウラナミジャノメ マサキウラナミジャノメ
▲ヤエヤマウラナミジャノメ(5月1日 石垣島) ▲マサキウラナミジャノメ(5月1日 石垣島 )

石垣空港内からバンナ岳を望む(5月1日)
▲石垣空港の中からバンナ岳を望む(5月1日)


与那国島&石垣島(2015年4月25日~26日)

トップページ